「本当に」いい香り

AT20150410

アロマセラピーは「いい香り作り」だけで終わらなせないで欲しい…といつも思っています。

”アロマセラピー”という”自然療法”におけるブレンディングでは、

『いい香り』+『いい香り』=『体にいい』

という単純な公式は成り立ちません。

例え『いい香り』だと感じたとしても、実は禁忌であるケースもあるのです。

ですから、Aroma tablesのワークショップやレッスンでは、

『心と体にいい香り』+『心と体にいい香り』=『本当に心と体にいい香り』

を目指し、左脳と右脳をバランスよく働かせてアロマセラピーを上手に活用していただく方法をお伝えしています。

「香り=アロマ」には、香りの”好き嫌い”や”良い悪い”だけではなく「芳香成分による様々な”効用”」があります。
つまり、同じ香りでも人によってプラスに働いたりマイナスに働いたりするのです。

街中の雑貨屋さんのアロマブレンドを見ると、
このブレンドにわざわざこの精油を使った理由は何だろう?と不可解に思えるものとよく出会います。

フランスのドクターでさえ慎重に扱うものが平然と使われていたり、明らかに粗悪な精油が使われていて、心地良い香りとは思えないものも。

「これを使うのが病気の方や妊婦さん、赤ちゃんのいる方だったらどうするの?」…と少々心配になるのです。

低品質な精油を購入しない、使わないことも大切ですが、同じくらい何をどのように使うのか?が本当にとても大切です。

フランスでは、医療と共に発展してきたアロマセラピーです。
どこで学んだとしても、精油を扱う以上はそれ相応のつき合い方があるのではないでしょうか。

自然界が生み出した貴重なエッセンシャルオイルには、敬意をもって、正しく、大切に使いたいですね。